Press "Enter" to skip to content

プロフィール

奥瀬健介(ds)

岩手県生まれ。

父の影響で音楽に触れ、中学生の頃にはギターやベース、ドラムの多重録音を行い自身のバンドへの憧れを抱く。

その後宮城県仙台市の大学に進学し、ライブハウス「MACANA」を拠点に活動を行う。在学中より、「The Bockers」に加入しツアー、レコーディングなどに参加する一方、NHK「ポップジャム」などにも出演。また、ファンクバンド「Soul Addiction」の立ち上げメンバーとして多くの名演を残す。

—–

奥瀬健介レコーディング時のセット ryoujirou's set!

上京後、ジャズドラマーの古澤良治郎氏に師事。

セッティングやチューニング、また、その柔軟で繊細かつ強靭なドラミングを目の当たりにし衝撃を受ける。その後自ら志願し、ローディー(ボーヤ)として現場に同行する。

 

師とは毎晩のように西荻窪の居酒屋「鳥安」で杯を交わし、その包み隠さない人間らしい姿にさらなる魅力を見いだし、非常に強い影響を受ける。また同時期に出会った外山明氏・湊雅史氏のドラミング、音楽観に触れ自身の礎を築く。

osaka monaurail live at serbia

2003年、中田亮氏の主宰するファンクバンド「オーサカ=モノレール」に参加。

国内のライブハウスはもとより、フジロックフェスティバルやインターナショナルロックフェスティバル(韓国)、ベレフフェスティバル(セルビア)など国内外のフェスティバル等でも広く演奏活動を行う。

また、マーヴァ・ホイットニーの国内ツアー、ヨーロッパツアーおよびレコーディングに参加。フランスのパリではマーサ・ハイとも共演。

奥瀬健介とハラタカシのDUO[emishi]平行して、都内ライブハウスを中心に様々なセッションに参加。

向井志門「MSOP」、山本加津彦の「Ao-Neko」、中村大とのDUO「Tohjingbow」、ハラタカシとの社会派DUO「emishi」etc・・・

西荻窪「アケタの店」「clop clop」、高円寺「ペンギンハウス」などで活動する。

また2011年には師の後を継ぎ都内ドラムスクールの講師に就任。多くの「ドラマー」を輩出するるとともに、音楽業界の一翼を担う人材の育成に尽力する。

奥瀬健介のドラムセット「トリクソン」

参加作品・・・オーサカ=モノレール・Undercover Express・Marva Whitney・平井堅・大西ユカリ・Ao-Nekoなど。

 

2014年7月、原発事故をめぐる政府の不誠実な対応を危惧し、東京都台東区から奈良市に移住。ここでは歌姫農園の阿藤鋭郎氏と出会い、自然を間借りするかのような真の農業を目撃する。

オーガニックファーム・歌姫農園の若草色の色鮮やかな畑を通して、また阿藤氏と議論を重ねながら、様々な物事の本質について想いを巡らすきっかけとなる。

 

現在は自由な音楽表現が出来る場を設ける事を模索しつつ、原発再稼働、農薬や添加物、遺伝子組換え食品など国策による【理不尽さ】を、せめて子どもたちから遠ざけれるよう、音楽を通じて発信すべく奮闘中。

 

            1217_okuse

Comments are closed.